asics

コラムコラム

ある活コース 2018年8月22日

五感で楽しむ神戸!SNS映えする「ウォーターフロントエリア」ウォーク

JR神戸駅を降りると辺り一帯は「ハーバーランド」と呼ばれるエリア。港町を象徴する観光施設が集まる海辺のスポット「ハーバーランド」周辺を歩く、約3kmのウォーキングコースです。神戸駅をスタートしたら、海辺にあるショッピングモール、「モザイク」へ向かいます。潮風の香りや眺望の美しさを楽しみながら次の目的地、「神戸ポートタワー」「メリケンパーク」へ。「メリケンパーク」では、SNS映えするフォトスポットで撮影も楽しみます。最後に「メリケンパーク」内にある植物園のようなカフェでランチ。仕事で疲れた心も体もリフレッシュしたら、ゴールのJR元町駅はもうすぐです。

【スポット①】潮風が心を落ち着かせる、「ハーバーランド」の朝

ショッピングモール「モザイク」には、海に向かってウッドデッキがあり、対岸にあるポートタワーなどを見ることができます。

JR神戸駅を出発し、アンパンマンストリートを通り、「ハーバーランド」を目指します。ストリートを海へ向かって歩くと、大観覧車や「モザイク」などがあるエリア、「ハーバーランド」もすぐ正面に見えてきます。昼には人でいっぱいのショッピングモール「モザイク」も朝は散歩する人がいるぐらいでとても静か。大観覧車のわずかな軋み音も聞こえるほどです。そんな音に耳を傾けて、海に向かいベンチでボーっとしたり、石畳やボードウォークが続く埠頭の先まで散歩するうちに仕事で疲れた心身も落ち着き、かすかな潮の香りもリラックスさせてくれます。

ショッピングやグルメ、映画館、アミューズメントスペースなどの大型複合施設が充実しているエリア「ハーバーランド」。大観覧車は人気のショッピングモール「モザイク」にあります。

「神戸ポートタワー」に向かう弁天橋を渡ると、目の前をカモメがすばやく飛び交い、旅情感も増します。潮の香りも濃くなったような気がします。

【スポット②】神戸の海・山が一望できる、ウォーターフロントのシンボル「神戸ポートタワー」

赤い特徴的な鉄骨が魅力的。つづみ形のデザインはウォーターフロントの目印になります。※この写真は「メリケン広場」から見た風景です。

「モザイク」から山側へボードウォークを歩き、赤い特徴的なデザインの「神戸ポートタワー」を目指します。弁天橋を渡り、クルーズ船が停泊する中突堤中央ターミナルを過ぎると、すぐ正面に現れます。「神戸ポートタワー」の有料ゾーンは展望1~5階。展望5階に上がると山が目の前にあり、迫力ある景色にビックリさせられます。展望3階には、回転喫茶室「スカイラウンジ」があり、座ってお茶をしているだけで海や六甲山など360度のさまざまな風景が20分で見られてお得な気分。地上75mの展望1Fには、人が近づくと床が透明になる「スカイウォーク」が。足の真下を覗くと、地上を歩く人まで見えて、足にゾワッと鳥肌が立ちました。1階には誰でも使用できるトイレも備えています。

おみやげショップもある展望4階からは「神戸空港」を離発着する飛行機も見えます。展望5階には、ハート形フレームが置かれたフォトスポットも。ひと休み用の椅子には神戸をイメージしたタータンチェック柄の神戸家具も置かれ、どこで撮ってもフォトジェニックな写真が撮れます。

展望3階の回転喫茶室「スカイラウンジ」ではドリンクやケーキが楽しめます。夜はビールやカクテルなどを飲みながら夜景を眺められます。

【スポット③】「メリケンパーク」に点在するSNS映えするフォトスポットで記念撮影!

水際に造られた、神戸市民のシビックプライドを現す“BE KOBE”のモニュメント。

「神戸ポートタワー」を出ると、整備された広場「メリケンパーク」が広がります。神戸港にある公園で、神戸開港150年を記念し、2017年にリニューアルされた注目のスポットです。さくら並木の整備や、芝生広場が拡張されたほか、新たなフォトスポットとして「BE KOBE」モニュメントが誕生しました。同時に、西日本最大級の「スターバックスコーヒー」がオープンするなど、話題がいっぱい。芝生の感触を楽しみながら寝転んでも、ベンチなどに座って休憩しても、コーヒーを飲みながら歩いても、どこにいても心地よい潮風を感じられて、ウォーキングの疲れはもちろん、日々のストレスも忘れそうです。

青空と海に映える、白いモニュメントは、フォトジェニックでSNSにアップしたくなります。

“映画発祥の地”神戸にちなみ、大きな石を四角く切り取り、それをスクリーンのように見立てたメリケンシアター。スクリーンの中に入って撮影しても!

海に向かって階段状に座れる場所も作られています。ここは、ひと休みして食事したりコーヒーを飲んだりする人も多い人気の場所。

【スポット④】世界の植物が集められた植物園のようなカフェ「FISH IN THE FOREST~TOOTH TOOTH×そら植物園~」

デリプレートセットと、ピタヤとミックスベリーのスムージー。プレートは、サラダやキッシュ、スープなど彩り豊かな内容です(内容は季節により異なります)。

海を眺めながらボーっとして、ストレスが解消されたらお腹がすいてきました。「メリケンパーク」を歩いていたら、店内も外も植物でいっぱいの不思議なお店が。ここは、プラントハンターとして知られる西畠清順さん(そら植物園代表)とコラボし、清順さんが世界中から集めた、多種多様な植物が店内・外に配置されているカフェです。メニューは、地元神戸近郊の食材を多く使用したサラダやパスタなどお料理のほか、ケーキやスムージーなど種類も豊富です。また、ライスが魚の形をしたカレーなど、どれも見た目がかわいく、色あざやかなメニューばかりで、SNSにアップしたくなります。

メリケンパークのランドマーク、フランク・ゲーリー設計の大きな魚「フィッシュ・ダンス」の隣にあったカフェが、2017年にリニューアルオープン。

色鮮やかなスムージーや、涼しげなレモネードなど、思わず撮影したくなるメニューがそろっています。

植物の間にテーブルが配置されている店内。壁を破ってライオンが入ってこようとしているオブジェや、画家・寺門孝之さんが描いた森の中を泳ぐ人魚のメインビジュアルなどが飾られ、大人っぽいファンタジーの世界が広がります。植物は季節ごとに入れ替えます。

神戸の人気観光地で、海をのんびり眺めてリフレッシュウォーキング

神戸駅から気軽に行ける神戸ウォーターフロントエリア。道もすべて歩きやすく、ほとんど平坦なので快適にウォーキングができます。「ハーバーランド」「神戸ポートタワー」「メリケンパーク」はすべて海が目の前。潮風を感じ、造船所で船を作る音などに耳を傾け、大きく広がる遠い海を見ていると、ずっと体に溜まっていた仕事の疲れが抜けて、五感も鋭くなってきそう。さらに、植物園のようなカフェ「FISH IN THE FOREST~TOOTH TOOTH×そら植物園~」では、たくさんの緑が気持ちをリフレッシュさせてくれます。ゴールの元町駅までは、神戸の中華街・南京町などを歩きながら観光気分を満喫!

*履いている靴はこちら*

神戸ポートタワー
兵庫県神戸市中央区波止場町5-5
078-391-6751(代)
3月~11月9:00~21:00(最終入場 20:30)、12月~2月9:00~19:00(最終入場 18:30)、12月31日は9:00~16:30、 1月1日は、6:30~16:30(初日の出展望)
無休
高校生以上700円、小・中学生300円
http://www.kobe-port-tower.com/

FISH IN THE FOREST~TOOTH TOOTH×そら植物園~
兵庫県神戸市中央区波止場町2-8
078-334-1820
11:00~23:00(季節により異なる)
不定休
http://www.toothtooth.com/restaurant/fish-in-the-forest/